CHECK

知っておくとリフォームの際に役に立つ!外壁塗装に関する豆知識や情報を紹介します

当サイトでは知っておくとリフォームの際に役に立つ、外壁塗装に関する豆知識や情報をご紹介しています。
外壁を塗り直して建物を綺麗にする前には知っておくと安心です。
またなぜ外壁の塗装をしなければならないのか、その理由を知っておくと良いでしょう。
必要な状態になったら速やかに施工をするのがおすすめです。
それから外壁の塗装をする際の準備や心がけについても解説しています。
スムーズに施工するためにも大切になります。

知っておくとリフォームの際に役に立つ!外壁塗装に関する豆知識や情報を紹介します

外壁塗装のリフォームをしようと考えている人もいるのではないでしょうか。
外壁塗装をするのに最も適しているのは、空気が乾燥している春や秋です。
梅雨の時期は雨が多いので、施工するのが難しいこともあります。
また冬は気温が5度以下になると外壁塗装はできず、雪に閉ざされる地域も施工をすることができません。
外壁塗装は定期的に行うのが理想です。
年月が経過すると塗装が劣化し、水分が侵入することが考えられるからです。

外壁塗装のカラー選びのコツとおすすめの色

これから外壁塗装したいならば、どれぐらいの料金になるかは気になるところです。
この点に関しては料金だけでなく、そのカラー等もよく考慮しておいた方が良いかもしれません。
不景気の影響で、外壁塗装する場合も料金を気にする人が多くなりました。
確かに、無駄に高い料金を払いよくわからない機能をつけてもらうよりも、余分な機能はいらないので安い料金に仕上げてもらった方が良いと考える人が多いです。
当然ながら、塗装の会社のほうもそのような事はよくわかっているわけです。
しかし、顧客のことを考えてもお店の売り上げのことを考えても、どちらもある程度質が良いものを利用した方が良いと言う意見があるかもしれません。
加えて、色に関しても、職人ならではの意見があるでしょう。
この時お客さんのほうも、積極的に相談してみるのが良いです。
最終的に設定するのはお客さんのほうになりますので、相談をしたところで特定のカラーに決定するわけではありません。

外壁塗装とサイディングの違いとは?

外壁は雨風や紫外線の影響で劣化が進んでいきますが、そろそろ補修を考えている人もいるのではないでしょうか。
外壁の工事にも様々な種類がありますが、特によく選ばれているのが外壁塗装とサイディングです。
どちらにするのかで悩んでいるなら、まずはそれぞれの特徴を理解しておきましょう。
外壁サイディングは、外壁に貼り付ける壁材のことを指しています。
木質系や樹脂系、金属系や窯業系など様々なタイプが用意されています。
丈夫ですが、永久に使えるものではなく劣化が進むと張り替えも必要になります。
劣化を抑えるためには、塗装をやり直すなどのメンテナンスも必要です。
外壁塗装は、外壁に壁材を貼り付けるのではなく、塗装をやり直すものです。
塗装をする前に劣化した部分を補修し新たな塗料を塗り直していきます。
塗装をし直すことで見た目も美しくなりますし、外壁としての機能の向上にもつながります。
施工の前には高圧洗浄で汚れやカビを落とし、下地処理をして新しい塗料を塗ります。

完璧な外壁塗装をしてくれる業者の見極め方

外壁塗装のサービスを利用するには高額な費用を負担しないといけませんから、基本的には一度の施工で完璧な状態に仕上げてもらうことができないと後悔してしまうかもしれないです。
そのため信頼できる業者を早めに見つけておくのが大切になりますが、過去にサービスを利用して満足しているのであれば、その場所に相談をするといいかもしれません。
しかしまだ外壁塗装をやったことがない人であれば、どこに依頼すればいいのかわからないようなこともあるかもしれないです。
そのような場合はインターネットなどで検索して口コミなどをチェックしておくと、スムーズに安心して利用できるところを見つけることができます。
実際に利用した人の意見を聞くことで、どのようなサポートが用意されているのか簡単に確認することができるので安心です。
外壁塗装のサービスを提供しているところは多いですが、料金設定だけでなく完璧に作業してくれるところを見つけるのが重要になるので、どのような職人が存在するのかを最初に聞いておくのも大切かもしれません。

外壁塗装の塗料の種類と選び方ポイント

自宅のリフォームで外壁塗装を行う場合、使用する塗料はできるだけ高性能かつ安いものを選びたいという方は多いです。
そこで納得のいく仕上がりにするためにも、外壁塗装の塗料の種類と選び方のポイントをしっかりチェックしていきましょう。
塗装には大きく分けてアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素の4つのグレードがあり、安価なアクリルタイプは㎡単価で1,000円~1,500円と安く済ませられる分耐用年数が短めで、新築時も塗り替え時もそれなりの耐用年数が求められるようになってからはほとんど使われなくなっています。
ウレタンタイプは木材から金属まで塗る場所を選ばない特徴を持ち、㎡単価で1,800円~2,500円で耐用年数が7~10年と環境と立地によってはそれなりの耐用年数を期待できます。
シリコンタイプは㎡単価で2,500円~3,500円、耐用年数は10~13年とどのメーカーでも売れ筋で、数多くの製品が存在するので選択肢が多いメリットを持ちますが、近年は耐用年数の高いラジカル制御型ハイブリッドタイプの登場により人気に陰りが出てきています。
フッ素タイプは耐候性と寿命の長さが魅力で、多くの公共の建物に多く施行されています。
㎡単価で3,500円~5,000円と高価ですが、耐用年数は13~15年と長めです。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装のお役立ち情報

当サイトでは知っておくとリフォームの際に役に立つ、外壁塗装に関する豆知識や情報をご紹介しています。
外壁を塗り直して建物を綺麗にする前には知っておくと安心です。
またなぜ外壁の塗装をしなければならないのか、その理由を知っておくと良いでしょう。
必要な状態になったら速やかに施工をするのがおすすめです。
それから外壁の塗装をする際の準備や心がけについても解説しています。
スムーズに施工するためにも大切になります。

Search